二重整形経験者の口コミを確認しておく意味とは【クリニックを選ぶ】

術後を快適に過ごす為に

診察

ちょっとしたコツ

二重整形をした場合、人によってはしばらく腫れている状態になると言うのを口コミで見る事も少なくありません。その期間の事をダウンタイムと言い、どの様な方法で手術を行ったかと言うことだけでなく、その人の体質、さらに術後の過ごし方でもその長さが変わります。出来るだけ早く腫れを改善する為にも、口コミでもダウンタイムの期間中はいくつかの事に気を付けると良いとされています。その一つが、寝ている間の枕の高さを今までよりも高くすると言うことで、これを行うことで腫れが引きやすくなると言うメリットがあります。寝ている時はどうしても目元が低くなりがちで、そのままの状態にしておくとなかなか二重整形後の腫れが引かないと言う事もあり得るのです。その点枕を高くしておくと通常よりも目元が高くなった状態になるので、低い枕を使っている時よりも腫れが引きやすくなるメリットがあります。もう一つの注意点はなるべく入浴やサウナ、さらに飲酒等にも注意するようにすると言うことです。これらは日常的に行う人も珍しくありませんが、どうしても血行が良くなってしまい、腫れが酷くなる可能性があるからです。ダウンタイムはずっと続くわけではないので、なるべく入浴やサウナ、飲酒を控える様にします。二重整形は大きくは2種類に分ける事が出来、現在プチ整形としても口コミで人気があるのが埋没法と呼ばれる物です。これはまぶたの所に糸を埋め込む方法となっており、ある程度の期間であればやり直しがきく点等が高く評価されています。また肌に対する負担も少なくて済むため、ダウンタイムも短く、あまり腫れにくいという口コミも決して少なくありません。従来から行われているのが切開法と呼ばれる物で、これはまぶたを切開する事で二重を作る整形の方法です。この方法の大きな特徴は、まぶたが腫れぼったい感じがしたとしても、脂肪を除去しながら手術を行う事が出来るので、理想の二重に近づけやすい事です。もちろん切開した後に縫合するので、何度もやり直しが出来る方法と言う訳ではありません。しかし反対に、少しの刺激で二重が取れてしまうと言う事も無く、気に入った二重の状態をキープしやすいと言うメリットがあります。現在では美容整形外科ではこの2つの方法が行われており患者の希望するまぶたの状態等に合わせて施術方法が選択されています。

Copyright© 2018 二重整形経験者の口コミを確認しておく意味とは【クリニックを選ぶ】 All Rights Reserved.